東京特許許可局許可局長って誰?

最近滑舌トレーニングを毎日行っています。

会社の電話に出る時に、会社名を噛んでしまうことが増え、これは会社のイメージを下げてしまうかもと感じたからです。

会社名と言っても東京特許許可局のような噛み率100 %の名前ではないのですが。

日常においてもよく噛んでしまったりと滑舌がよくない上、マスク着用になり、人に聞き返されることが増えてきました。

それぞれ詳しいことは、「滑舌トレーニング」とググルといろいろ出てきます。

エクササイズとして推奨されているのは大きくわけるとこの5つ。

1. 表情筋トレーニング
2. 舌の筋肉トレーニング
3. 母音だけで発生するトレーニング
4. 腹式呼吸
5. 早口言葉

もちろん全部やれればいいけど、とりあえず一つをやってみよう。こういう場合、一番効果がありそうなのを選ぶのでなく、一番楽しそうなのを選ぶのが私流。

やはり早口言葉が楽しそうと思い見つけたのがこのアプリ。


時間内に3回繰り返し、つっかからないで言えればクリア。レベル2まではどうにかクリア。

でもレベル3が難しく、1週間くらいレベル3の同じ場所で引っかかっています。

骨粗鬆症訴訟勝訴(こつそしょうしょうそしょうしょうそ)
東京特許許可局局長(とうきょうとっきょきょかきょくきょくちょう)

早口言葉でなければおそらく一生使わない言葉。

ちなみに東京特許許可局は実在しなくて、早口言葉のために作られた架空の官庁だそうです。

難しいけど、楽しいという感覚が一番ワクワクするので、飽きるまで続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です